library_booksNEWSニュース

  1. 2020.7.10 リーマンショックを振り返る~当時の不動産市況
  2. 2020.7.9 リタイアした後の生活資金…盤石ですか?
  3. 2020.7.9 アフターコロナでも変わらない?都心の不動産価値を予測
  4. 2020.7.3 【医師と不労所得】資産を手に入れる方法
  5. 2020.7.1 コロナ禍で資産運用はどうなる?【不動産編】
  6. 2020.6.30 開業医が失敗する投資のパターン
  7. 2020.6.17 開業医ドットコムが取り組む社会貢献活動
  8. 2020.5.22 「事業は順調だけど、相続が心配…」開業医の不安をFPが解消!Part.2
  9. 2020.5.22 「高収入だけど、お金の悩みが尽きない…」開業医の不安をFPが解消!Part.1
  10. 2020.3.27 北海道リレーインタビュー VOL.4中村太保先生(北海道大学名誉教授)

現在から65歳まで働いた場合の
納税総額はいくら? 簡単・お手軽診断

年収(※1)

万円

年齢(※2)

  • 入力いただいた数値を65歳までの平均年収として算出します
  • 生涯納税額を知りたい場合は、本格的に給与が増えた年齢を入力してください

あなたの想定生涯納税額は

taxです

結果をクリア

  • この金額はあくまで目安の金額です
  • 「(年収-控除額)×税率×65歳までの残りの勤続年数」の計算式で算出しています
  • 年収が増加すると納税額も増加します
年収 税率(住民税10%を含む)
年収195万円以下 15%
年収195万円超~330万円以下 20%
年収330万円超~695万円以下 30%
年収695万円超~900万円以下 33%
年収900万円超~1,800万円以下 43%
年収1,800万円超~4,000万円以下 50%
年収4,000万円超 55%

SEMINAR

節税対策や多忙な方でもできる不動産投資のノウハウをご紹介する無料セミナーを全国各地で開催中です。
詳しく見る

NEW ENTRIES

  1. 不動産投資におけるリスクヘッジを考える
  2. リーマンショックを振り返る~当時の不動産市況
  3. リタイアした後の生活資金…盤石ですか?
  4. アフターコロナでも変わらない?都心の不動産価値を予測
  5. 【医師と不労所得】資産を手に入れる方法
keyboard_arrow_up